MENU

協会メッセージ

スポーツウエルネス吹矢を始める皆様へ(旧:スポーツ吹矢)

一般社団法人 日本スポーツウエルネス吹矢協会 理事長
中村一麿呂

スポーツウエルネス吹矢(旧:スポーツ吹矢)は子供たちから、高齢者・障がい者まで、老若男女問わず誰でも安心して楽しめるスポーツです。

しかしスポーツですから、基本動作があり、統一された競技ルールや安全な用具が必要です。吐く息だけで矢を飛ばすスポーツとはいえ、時速100キロ以上のスピードが出ます。それだけに安全第一を考え、矢の製作にあたっても先端を丸く改良するなど、研究を重ねてきました。指導者にも安全に対する教育を徹底し、今日まで無事故で安全、安心をモットーに実践してきました。

1998年4月、前理事長・故青柳清氏によって本協会が設立され、狩猟や遊技に使われていた「吹き矢」が「スポーツウエルネス吹矢(旧:スポーツ吹矢)」に生まれ変わりました。

現在では3歳から99歳まで約6万人に愛好され、47都道府県1,300カ所以上で活動しています。また海外でも4カ国で楽しまれています。

当協会では、2018年に設立20周年を迎えたのを機に、2019年4月1日より、「一般社団法人日本スポーツウエルネス吹矢協会」、競技名称を「スポーツウエルネス吹矢」に変更することとなりました。

「日本を、世界を健康に」の趣旨のもと、本格的に国際的なスポーツ団体を目指し、あえて「ウエルネス」(健康)の言葉を付け加え、多くの人たちに、名称からも読み取れる新時代にふさわしいスポーツへと飛躍していきたいと考えています。また、本協会の理念でもある、心身の健康のみならず生活の質の向上や生きがいの創造など、多元的な健康観であるウエルネスを追求する決意も込めました。

スポーツウエルネス吹矢の魅力は地域での仲間づくり、三世代交流でも注目を集めています。どうぞ、正しく学び安全に楽しんでください。そして、多くの仲間と絆を深めながら、ともに健康長寿をめざしましょう。

スポーツ吹矢の創始者・協会創設者から

一般社団法人日本スポーツ吹矢協会 理事長
(1998年4月〜2014年3月まで名称は会長職/2015年6月27日死去)
青柳清

吹き矢は現在でも狩猟などに使われていますが、日本では江戸時代の文献や錦絵にも残っているように、遊技の一つとして広く大衆に親しまれてきました。

吹き矢とスポーツ吹矢、何が違うのでしょうか?

私はかつて健康のために、中国で気功を学び、腹式呼吸が健康によいことを実感しました。しかし日本に帰ってからも続けようと努力しましたが、続かないのです。なぜなら、それはつまらないからです。健康に良くても続かなければ意味がない。そんな時に吹き矢の収集家に会う機会があり、吹き矢と出会いました。「あっこれが探していたものだ」と。

吹くという行為を通して腹式呼吸ができ、おまけに吹き矢のもつゲーム性はわかりやすく楽しい。男女の別なく、子どもから若者も高齢者も障がい者も誰もが楽しめる。

しかし、これだけではスポーツではありません。スポーツですから基本動作があり統一された競技ルールや安全な用具が必要です。そこで、誰もが楽しめる安全な生涯スポーツとして確立し、国民的健康スポーツとして定着させていくために、1998年に(一社)日本スポーツ吹矢協会を設立しました。

なかでも私が最も重視したのが安全面です。吐く息で矢を飛ばすスポーツとはいえ、時速100km以上のスピードが出ます。そのため、特に矢の製作にあたっては徹底して研究を重ね、先端を丸くしたり、競技ルールも厳しく定めました。 安全第一に運営してきたおかげで、幸いなことに無事故で今日に至っています。結果、愛好者が10万人とも言われる日本一の吹矢団体に成長することができました。今も世界各国から、わが国に支部を作りたいという声がたくさん寄せられています。国内では、障がい者団体、学校や行政など、各方面からスポーツ吹矢が求められています。

基本動作の根幹を成す腹式呼吸はスポーツ吹矢の生命線です。腹式呼吸を最も効果的にするために考えられたのがスポーツ吹矢式呼吸法です。

どうぞスポーツ吹矢を正しく学び、安全に楽しんでください。

そして、毎日楽しく続けてくださることによって、ともに健康になりましょう。

  • 「吹き矢」 鈴木春信(江戸東京博物館所蔵)

吹き矢に託した夢を世界に(協会設立時の会長挨拶より)

 只今、会員の皆様のご承認を頂きまして「日本スポーツ吹矢協会」会長になりました青柳でございます。

 本日は全国津々浦々から多数の吹矢愛好家の皆様にご参集いただいた上、このように盛大な「日本スポーツ吹矢協会」設立総会を開催することができ、また、第一回競技大会を実施することができましたことを、共に喜びあいたいと思います。おめでとうございます。遠くは徳島県より車椅子でご参加の方もいらっしゃいます。本当にありがとうございます。

 現今の日本は、右を向いても左を向いても、暗い話題ばかりになってしまいました。そして、萎縮して気詰まりがちな世の中になると、人々はいつしか存分に息を吐いたり吸ったりすることを忘れてしまいました。そこで私たちは思いっきり息を吐き思いっきり息を吸い、一瞬にして吹く<Xポーツ吹矢で世の中をもっと明るくし、日本をもっともっと健康的な国にしていきたいと思う次第です。

 私は、皆様の吹矢に託した思いが大きなうねりとなり、そのうねりがさらに大きなうねりを呼び、やがて千波万波となって日本中はもちろん世界にも、大きく広がっていきますことを心から祈っています。その第一歩として、まずは今日お集まりの皆様が、これから地元にお帰りになって、今度はご自身が主催者となって、競技会なり大会なりを開催してくださいますことをお願いしまして、私の挨拶といたします。

平成10年(1998年)4月
※当時名称のまま表記

日本スポーツ吹矢協会 会長
青柳 清
En