MENU

スポーツウエルネス吹矢の健康効果

スポーツウエルネス吹矢の健康効果

◆スポーツウエルネス吹矢式呼吸法と健康効果

スポーツウエルネス吹矢の最大の特徴は呼吸法にあります。スポーツウエルネス吹矢式呼吸法は胸式呼吸と腹式呼吸の両方を行う呼吸で、呼吸にかかわる筋肉をすべて活用します。息を静かに細く長く吐き、自然に息を吸い、一瞬止めてから的に向かって「短く一気に」吐き出す特有の呼吸がスポーツウエルネス吹矢式呼吸法で、基本動作を行うことによって、この呼吸が自然にできます。

健康効果

  • 血管のつまりや動脈硬化を予防

    スポーツウエルネス呼吸法を行うことで、血管のつまりや動脈硬化の予防、さらには心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などの予防へとつながります。

  • 心を落ち着かせ、ストレス解消

    腹式呼吸を行うと、副交感神経を活発に働かせるようになり、ストレスを緩和することができます。

  • 冷え症の改善

    腹式呼吸を行って副交感神経を働かせれば、血管が拡張し血管の流れがよくなり、冷え症が改善されます。

  • 肩こりの改善

    血液の循環がよくなり、血流がよくなることにより、肩こりの改善へとつながります。

  • 高血圧の予防

    副交感神経を働かせて血管を拡張させれば、血液の低下をもたらします。

  • 脳の老化の防止

    深い腹式呼吸をすることによって、大量の血液が脳に送り込まれ、その血液とともに大量の酸素も脳に届くことで脳細胞の老化が抑えられます。

  • 糖尿病の予防

    ストレスが解消され、その結果ノルアドレナリンの増加が抑えられることになり、糖尿病の予防へとつながります。

  • 内臓機能の活性化

    腹式呼吸を行い、横隔膜を上げ下げすると腹圧がかかり内臓をマッサージするような効果が得られます。その結果、血液の循環がよくなり内臓の働きが活性化していきます。

  • ぜん息の改善

    ぜん息になると気道が狭くなり、呼吸の回数が多くなり、、呼吸をするだけで苦しいという状況が起きます、このような状態の時に腹式呼吸を行う習慣を身につけていれば、横隔膜を下げることで息を吸うため、エネルギーが少なくてすみますし、呼吸の際の筋肉の痛みも軽減されます。

  • 腰痛を予防

    スポーツウエルネス吹矢式呼吸法によって腹筋が鍛えられるだけでなく、正しい姿勢で行うために背筋も鍛えられ、ぎっくり腰や腰痛の予防につながります。

  • 免疫力を高める

    副交感神経が優位になると免疫の働きが高まります。

  • 美肌・ダイエット効果

    腹筋を使うため、お腹も引き締まります。

  • 口腔機能の向上による誤嚥性肺炎の防止

    スポーツウエルネス吹矢は口の周りや口の中を多様に動かすため、口を閉じる力が付くほか、唾液の分泌を促し口腔乾燥症も予防するため食べ物の飲み込みをスムーズにします。肺からの空気が鼻から抜けず口から矢をふくため、口や鼻、喉を塞ぐ弁を動かすトレーニングにもなり、誤嚥の予防にもつながると考えられます。

  • パーキンソン病の症状改善

    集中して的に当てた時の喜びや、仲間と一緒に楽しむことによる気分の高揚でドーパミンを増やし、自律神経のバランスを改善する効果があります。したがってパーキンソン病の症状改善も期待されます。

  • 腹圧性尿失禁

    スポーツウエルネス吹矢式呼吸法は、骨盤低筋群を鍛えることもでき予防や改善につながります。

  • ※上記は、スポーツウエルネス吹矢を実施して得られた健康効果の一例です。
    (但し、個人差・個別差がありますので、全ての人に当てはまるとは限りません。)

En